きものセレクト 

2016/02/09 14:43

こんにちは、きじばとや店主イイダです。
先週はお休みをいただきまして申し訳ございませんでした。
お休み中にも、皆さんがアプリできじばとやをお気に入りショップ登録してくださったり、着物や帯をお気に入り登録してくださるたびに私にメール通知が届いておりました。
嬉しかったです!ありがとうございます。


さて、ブログのお題にありますように。
「着物、どこに着ていく?」


私は地元で着付けレッスンも行っておりますが、申し込みされる方から共通して言われることは、
「せっかくの着物、どんどん着たいのに、なかなか着ていく機会がなくて」


そうですよね!私も最初はそうでした。
でも、着物を特別なことと考えないで、『気分をアゲてくれる、お気に入りのワンピース』と思ってみます。
そうすると、別に特別なイベントごとじゃなくても、どこにだって着ていけるのです。
私は、友人との飲み会、ランチ、お茶、ショッピング、梅まつり(ちょうど時期ですね!)、お花見、コンサートなどなど・・・または、なんだか着物で出かけたいなあと思ったときなどは、博物館や美術館で何か展示やってないかな?と、着物ありきで用事を作ったりもしています。


もうすぎてしまいましたが、お正月は着物を着てすごす絶好の機会ですよね。
今年のお正月は、私も練習をかねて、着物を着てすごしました。
たすきをかけてエプロンをして料理を作り(割烹着があると便利だなと思いました!)、食事をしてお酒を飲み、酔ったらゴロンと横になり、近所の神社に初詣に行き、お酒が切れたらストールを羽織って近所の酒屋さんにお酒を買いに行き、息子にトイレから「おかーさん!ウ●チおわったーー!」と呼ばれたら、「はーい!」と答えてたすきをかけてトイレに駆けつけたり(まだ自分で拭けないので 汗)・・・。
やってみると、意外とそんなに大変じゃありません。
汚すのが不安だったら、ポリや木綿の洗える着物にすれば大丈夫!
立ったり座ったり、食事をしたり、トイレに立ったり・・・これを1日の中で何度もやるので、「どういう動きでどう着崩れるのか」を実験するのにも役立ちますし、着崩れたらどこをどう直せばいいのか?を実験するのにも役立ちます。
これができたら、外出なんて怖くない!ですよね?
「着崩れが怖くて着物で外出できない」という方は、まずは半日でも、自宅で着て生活してみてはどうでしょうか?
思ってる以上に、着物のハードルが一気に下がります!


ちなみに私が今いきたいと思っているイベントは・・・国立科学博物館で開催されている、ワイン展http://wine-exhibition.com/ です。
ただ、「もしかしたら、飲めちゃったりするのかしら?」 「もしかしたら、酔っ払っちゃうくらいに飲めちゃうのかしら?」 「もしかしたら、裾がはだけちゃうくらいに楽しいイベントだったりするのかしら?」 と思うと心配で、去年の秋の開催開始からずっと躊躇しっぱなしで、未だに行けておりません(汗)
まあ、飲みすぎなければいいんですけど・・・・そこが一番の難題だったりするんですよね・・・。
いけるのか?ワイン展?