2016/04/19 14:29

こんにちは、きじばとや店主イイダです。

先週から続いている、熊本の地震、心配ですね。

きじばとやのお客様にも、熊本の方がいらっしゃいます。(K様、ご無事でしょうか?)
実は、私は福岡出身で、今回被災が著しい熊本や大分は馴染みの深い土地であり、そこに住む友人たちもいます。
私の実家のある福岡もかなり揺れて、家族や親戚、友人たちは皆、不安な日々をすごしています。

東日本大震災のとき、私は埼玉に住んでおり、生まれたばかりの息子はまだ生後4ヶ月でした。
経験したことのない揺れが続き、当時住んでいたアパートは壊れるのではないかと思うほどでした。それでも震度5弱でしたから、今回の皆様の味わった恐ろしさはいかばかりかと思います。

今回の地震で、遠く離れた埼玉から、何ができるか考えました。
まずひとつ、私が個人的にできることは物資を送ること、寄付をすること。これはすぐに行いました。(それで新着アップも遅れ気味ですが、スミマセン)
あとは、今年のふるさと納税は熊本か大分のいずれかの自治体に納めようと決めました。

そして、もうひとつ。
きじばとやとしても、何かできることはないか。
Facebookにも書きましたが、今月のきじばとやの売り上げから寄付をしようと思います。
恥ずかしながら、きじばとやの売り上げは本当に微々たるものなので、そのうちの何パーセントを寄付、とすると、何の役にも立たない金額になってしまいます。そこで決めたのは、『きじばとやの今月の売り上げと同額を、私の個人的なお財布から寄付する』ということです。
微々たる売り上げをすべて寄付してしまうと、来月の仕入れができなくなってしまうので(笑)

ところが、この旨をFacebookに書いたところ、嬉しいことに注文が続きました。
もしかしたら、きじばとやも役に立てるのかもしれない。そう思いました。
今もいくつかの質問がきておりますので、希望を持って、設定額を決めたいと思います。
今月のきじばとやの売り上げの10パーセントを、寄付したいと思います。(あまり利益を乗せていないきじばとやにとって、10パーセントはかなり大きいです 汗)
感謝の気持ちを込めて、協力してくださった皆様には、期限なしのクーポンを発行させていただきます。

そして、今回被災した九州の皆様へ。
着物というものは、正直いって、なければ生きていけない、というものではありません。
けれど着物は、落ち着いた生活と穏やかな日々の中で輝く彩りです。
今はそんな気持ちになれないと思いますが、いつかまた、楽しく着物を着て楽しく笑える日を思い描いて、なんとか乗り切ってください。
落ち着きましたら、きじばとやに連絡ください。またお買い物を楽しんでいただけるように、無期限のクーポンを発行いたします。

こんなときに着物を売るなんて、という気持ちもありました。
けれど、何かを自粛したり我慢したりしても、被災した皆さんに何も届かない。
いつも通りの生活ができているのだから、今はそれに感謝して、私にできることをがんばり、そこで得たもので応援したいと思いました。
日本に住んでいる以上、地震とは無縁ではいられません。
笑えるときに笑い、がんばれるときにがんばり、それでつけた力で、困っている人たちを助けられたら。
きじばとやは、そう考えています。

被災した皆様が、1日もはやく穏やかな生活を取り戻されますように。

きじばとや店主 イイダ