きものセレクト 

2017/04/22 15:52

こんにちは、きじばとや店主イイダです。
すでに棚には並びはじめておりますが、夏物が入荷いたしました。
単衣、夏きもの、夏帯・・・今年はいつもより早めに入荷しております。
期せずして、ちょうどここ数日は夏のような気温で、「そろそろ単衣じゃないときつい!」となってきましたね。


以前にも書いたかもしれませんが、着物は単衣が一番品薄です。
着物が特別なものになってから、着物を誂えるのはハレの日のものばかりで、ウールや単衣ものなどは、よほど着物好きな方でないと、誂えることはなくなりました。
汗の季節ですので、当然傷みも早く、そのためもあって絶対的に数が少ないです。
つまり、丈も裄もあって傷みもない『完全無欠な単衣』は、基本的に「まず見つからない」と思っていただいていい、と言えるくらい、少ないです。
そんな中で、今年の単衣はなかなか状態が良いです。丈はどうしても制限されますが、フォーマルな場に行くのでなければ、多少裄が短くてもいいわ!くらいの気持ちで選んでいただきたいと思います。
おそらく単衣やウールは、年々品薄になっていくと思います。逆に、気候は年々暖かくなってきて、4月半ばくらいからは単衣じゃないと辛いくらいになってくるでしょう。
単衣は、初夏ならば夏帯にも合わせられますし、半幅帯とも合わせて気軽なお出かけ着としても着られます。

例えば、こちらの辛子色の格子の単衣と、ウールの白の単衣は、赤の半幅帯と合わせてみました。
アクセントになるように、帯締めをしています。
気軽なお出かけにちょうどいいコーデです。



こちらのピンクベージュとグレーの正絹単衣小紋は、夏帯と合わせてみました。
初夏のお出かけにぴったりです。


こちらの赤の花柄のウール単衣は、博多帯と合わせています。これなら冬も着られます。(インナーに暖かいものを着ると良いです)
絞りの帯なんかと合わせると、もっとあたたかな着こなしになります。


こちらは、夏きものたち。

夏きものは、なるべく色をおさえて着るのが、涼しげに着るコツです。
紺や藍は涼しげなのもありますが、肌を白く明るくきれいに見せてくれる色で、私は大好きです。


ウールの単衣ならば、真夏以外の3シーズン着られますので、たくさん楽しめます。
お出かけする場所、季節、気候、雰囲気に合わせて帯を変える楽しみがあるのも、単衣のよろこびです。
袷の季節だけ着物を楽しむのでは、つまらないですよね。単衣の着物、試してみませんか?
そして、涼しい着方がわかってきたら、夏着物にも挑戦してみませんか?
昨年はあまり夏物が売れなかったので、今年もあまり売れなかったら、もう夏物を入荷するのはやめようかなーなどと考えている、イイダであります(笑)