2017/09/28 19:53

こんにちは、きじばとや店主イイダです。

きじばとやでは、身丈、裄丈、前幅、後ろ幅、袖丈を表示しています。
身丈や裄は皆さん自分サイズを把握されていると思いますが、身幅はいかがでしょう?
かくいうわたくしイイダも、自分の身幅をきちんと把握したのは最近のことで・・・(汗)

着物屋さんで、着物を勧められるときによく言われる言葉のひとつに、「着物って、体型が変わってもずっと着られるから便利ですよ~」という言葉がありますが・・・。
個人的には、厳密に言うと、「体型が変わっても工夫して着られる幅は洋服よりはあるけれど、やはり限界はある」ですよね。
「そんなの当たり前じゃない!」と思われると思いますが(笑)、実際、「娘時代に作った着物なんだけれど、着物はずっと着られるっていうし、大丈夫ですよね?」と、今より20キロほどお痩せになってらっしゃった頃の着物をお持ちになってお稽古にいらっしゃった生徒さんがいる・・・、というお話を耳にしたこともあるので(汗)、あまり無責任に「なんでも大丈夫!」みたいな言い方はしないほうがいいんじゃないのかなあ、と最近思うイイダであります。
 
 
上記は極端な例だと思われるかもしれませんが、実はそう少ない例でもない、というのが気になっておりまして。
着物というのは、巻き巻きして紐でとめて、また巻き巻きして紐でとめて、というのを繰り返して着るものですので、正直「着ようと思えば着ることはできる」わけです。
で、「体型が変わっても大丈夫」と言われると、「巻くことができればなんとかなる」と思ってしまう方も、決して少なくはないようなのです。
また逆に、とても細身の方なのに、いわゆるプレタのお着物を、「大丈夫ですよ」と勧められて購入したはいいけれど、中で生地が余ってとても着付けがしづらくて困っている、というご相談をお受けすることもあります。
 
確かに、身幅が多少余っても足りなくても着ることはできますが、やはりサイズの合わない着物は着崩れの元になりますし、着づらいものです。
特に身幅が足りないと、衿もゆるんできたり、無理に押し込むことで逆にヒップが強調されて太って見えてしまったり、歩いているときに裾がバサバサと開いて、色んなものが丸見えになったりと、残念なことも多くなります。

 
全てが自分サイズであるリユース着物を探すのは難しいと思いますが、大半の方が、身丈と裄ばかりを気にされて、意外と身幅は気にされていないことも多いようです。
リユース着物を選ぶときに、どこのサイズを優先させるか、というのは難しい問題です。
個人的な印象ですが、大半の方は裄を気にされるようです。次に身丈。身幅を気にされるのは、お茶のお稽古などで座る時間が長い方くらいでしょうか。
細身の方はそれで良いかと思いますが、ちょっとヒップがボリューミーな方などは(イイダ含む)、身幅も気にして探してみられると良いかと思います。
ご自分の身幅を、センチ単位で正確に把握しなくても大丈夫です。ご自分のお手持ちの着物で、上前がきちんと右の脇線まで来ている着物、きれいに着られる着物があれば、その身幅を測ってみてください。それを基準に探していただければ大丈夫です。
最近は、ネットでちょっと検索すれば、ヒップサイズを入力すれば「あなたの身幅はいくつです」と計算して出してくれるサイトもありますので、ご参考までに、ちょっと計算してみるのも良いかもしれません。(私もやってみましたが、ちょっと大きめに出るところも多いようです)
 
洋服でもそうですが、自分に合っていないサイズのものを着ると、余計に体型が強調されてしまったりします。
バストやヒップがボリューミーな方は、自分に合った身幅のある着物を選ぶことで、着姿がほっそりと見えます。
また、細身の方があまりに身幅があるものを着られると、背中や胸に余計なしわができたりして、余計にブカブカ感が出てしまったり、着付けがしにくかったりということもあります。

そんなわけで、きじばとやでは身幅もきちんと表示しております。
【裄のある着物】や【身丈のある着物】だけでなく、【身幅のある着物】というカテゴリーも作っておりますので、どうぞ参考になさってくださいませ。 
身幅、意外と大事です!